2013年02月17日

津軽岩木スカイライン/2012東北温泉弾丸ツーリング(15)

津軽岩木スカイライン

県道のスカイライン入り口から走り始めて約1kmのところにゲート(料金所)があります。
このゲートからいよいよカーブの連続。ゲートまでは、雲(霧)の中という感じではなかった。もしかすると期待できる?

そして、ブナの原生林の隙間から見える空が青い!
嘘のような本当の話で、3合目付近では快晴の中の道でした。入り口で見た厚い雲はどこへ行ったんだ?

津軽岩木スカイライン

津軽岩木スカイライン

そして、山頂に着いて先ほどいたところを見ると、、、

続きを読む
posted by Tak34 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年02月16日

岩木山へ/2012東北温泉弾丸ツーリング(14)


雲の中の岩木山

イカを食べ終わり、再び国道101号線、そして県道3号線(弘前鯵ヶ沢線)へと進む。「岩木山が近づくにつれこれから走る道が見えてくる!」といきたいところが、雲で全く見えず。それどころか、他は青空が見えているのに岩木山の方向だけ厚い雲が(^_^;

津軽岩木スカイライン

何度も青森に来ているのにいつも遠くから見るだけの岩木山。そして一度は走りたかった津軽岩木スカイライン。今回、N氏の不老ふ死温泉に行きたいのリクエストで、「じゃあ私は岩木山に行きたい」と組み込んだ私にとってのメイン。それが厚い雲で見えない、走っても楽しくないでは...

スカイライン入り口に着いてもまだ厚い雲の中。あきらめるか?

スカイライン入り口にトウモロコシの売店(地域の農家経営)があり、そこで聞いてみると「駐車場付近が雲で見えないから上っても景色はだめかも」とのアドバイス(^_^;

あきらめて他の場所へ行くか、あるいは近辺の温泉に入って天気の回復を待つか?

津軽岩木スカイライン

続きを読む
posted by Tak34 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年02月11日

鰺ヶ沢町、焼きイカ通り/2012東北温泉弾丸ツーリング(13)


鰺ヶ沢町、焼きイカ通り
 

不老ふ死温泉を出発し、国道101号線を北上。この日の予定は、とりあえず?今夜の宿泊予定の青森市まで行くことと、私の希望で「津軽岩木スカイライン」を走ることだけが決まっていた。

距離的には余裕があるので、後はそのときの気分で適当に走ろうということだけ。毎度のことだけれど、具体的にコースを考えてもその通りに走らない(そのときの気分ですぐに変わる)ので、ツーリングにはこのパターン(臨機応変?)が一番。前日だって、結果的には楽しめた上に日没までには宿に着いたんだし(^^ゞ

国道101号線

国道101号線

この日も天気が良く、道も空いているので朝から気分爽快(^^)
淡々と国道101号を走っていて、深く考えずバイパスを通らず旧国道を進んでしまった。すると、突然イカのカーテンが目についた。

続きを読む
posted by Tak34 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年02月10日

黄金崎不老ふ死温泉/2012東北温泉弾丸ツーリング(12)

黄金崎不老ふ死温泉

波打ち際の露天風呂から海に沈む夕日を見たい!
N氏のその願いを叶えるべく今回のツーリングの目的地が決まった言ってもいいだろう。

日没までに到着はクリアした。そして、天気も悪くはない。後は運を天に任せるだけだ。
と、部屋に着いて荷物を置いたら、すぐにタオルを持って日没間際の露天風呂へ。

不老ふ温泉の露天風呂

露天風呂に入ると、考えることはみんな一緒で、夕日を見ようと多くの人で一杯でした(^_^;

この日、予約は一杯でしたので、その内の何人がこの時間帯に来ているのかは分からないけれど、少なく見積もっても20人ほどいたんではないでしょうか。

幸い早めに着いた(日没の20分ほど前)ので、かろうじて自分の座る位置は確保できたけれど、露天風呂でなければのぼせていたのでは(^^ゞ
続きを読む
posted by Tak34 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年02月03日

日没までの時間との競争/2012東北温泉弾丸ツーリング(11)


国道101号線で日没と競争

国道101号線の海岸沿いを走っていると、太陽が徐々に海に近づいている(日没が近い)のが分かる。はやる思いを抑えての安全運転での移動。

この道(国道101号)、2度目の走行になるけれど、以前もこのとき同様にほとんど対向車とすれ違わなかった。空いていて快適で道も悪くないし、夕日も綺麗だから普通なら慌てて走ることもないんだろうと思う。しかし、今回は、露天風呂からの夕日を見たかったのでそうもいかず...

国道101号線

無事、夕日が沈むまでに黄金崎ふ老不死温泉に到着。以前は日帰り入浴だったが、今回は宿泊なので駐車場も異なる。日帰りの場合は海岸へ、しかし宿泊はチェックインの手続きもあるのでロビー(海岸より4〜5階程度高い位置にある)の方だから、まだ夕日のことが気になる(^^ゞ

不老ふ死温泉

続きを読む
posted by Tak34 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012