2013年03月09日

階段の国道/2012東北温泉弾丸ツーリング(20)


階段国道339号線


再び龍泊ライン(たつどまりらいん)を進み、竜飛崎へ到着(竜飛岬と竜飛崎)に到着。
竜飛崎と言えば、やはり”日本唯一の階段国道”ですね。階段国道は、国道339号線の一部で、全長388.2m(362段)、標高差約70m。

階段国道339号線

龍泊ライン(国道339号線)で竜飛崎に着くと、この階段国道の一番上(?)に着くわけですが、青森県の『県土整備部道路課階段国道)』に「この区間は、県道であった頃から車両通行不能区間でした。」と書かれてあるように、今も車両通行はできません。

階段国道は、2度目の訪問ということもあり驚きはありませんが、やはり本州の端(今回は行かなかったが、本州最北端は大間崎)まで来たという実感はわきます(笑)。

階段国道339号線
続きを読む
posted by Tak34 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年03月03日

龍泊ライン/2012東北温泉弾丸ツーリング(19)


龍泊ライン(国道339号線)

津軽半島の西側海岸線を走る国道339号線が海岸線から一気に山間路へと変化する龍泊ライン(たつどまりらいん)は、小泊村と竜飛を結ぶ全長20kmのワインディングロード。

以前は、竜飛から小泊へと抜けたが、絶対に今回のコース取りの方が楽しい。海岸を左手に見られ、そして登りのワインディングの方が楽しいですからね(^^)

国道339号線 龍泊ライン

2度目の走行になるけれど、今回も車がほとんど走っていませんでした(^_^;
危険な走行をする車やバイクも見なかった(交通量が少ないメリット?)ので、ツーリングペースで走ると実に気持ちいい道です。

国道339号線 龍泊ライン

続きを読む
posted by Tak34 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年03月02日

冷やしラーメン!?/2012東北温泉弾丸ツーリング(18)


冷やしラーメン?

わさおの店(きくや商店 )を出て再び国道101号線を走り、県道12号線(鯵ヶ沢蟹田線)を北上し、十三湖で休憩。
13時を回っているので休憩ついでに軽く食事を取るかと土産物屋街に入ると呼び込みがすごい(^_^;


十三湖は、「しじみ」が有名で、じしみに関係するものが多い中、なぜか「冷やしラーメン」なる文字二目が止まる。「冷やし中華(冷麺)」ならともかく、「冷やしラーメン」は馴染みがないので興味がわいてきたのと30℃近い中を走って暑さに目気味だったこともあり、深く考えず注文してしまった(^^ゞ

「どんなラーメン?」と聞くと、「氷が入った冷たいラーメンです」との当たり前の返事。そして、出てきた冷やしラーメン(750円)は、なんだこれ? 美味しいのか?

このお店では、新しい試みだったのか、やたらと進めてくれるので興味本位もありたのんだけれど...

十三湖 冷やしラーメン

続きを読む
posted by Tak34 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年02月24日

わさおの店!?/2012東北温泉弾丸ツーリング(17)


あれ? この店って、わさおの店!?


目的地が決まれば後は早い。津軽岩木スカイラインを一気に下り、県道2号線(弘前岳鯵ヶ線)を進み(来た方向へ戻り)国道101号線を北へ進む。

その国道101号線を走り始めすぐにやたら車が止まっているお店がある。
土産物屋?イカが干してあるけどそんなに人気のイカ?
それにしてもやけに賑わっているな?

わさお きくや商店

興味をひかれ止まってみると、「わさお」の文字とTVで見たことがあるわんこの写真。あ〜あ、この店がそうなの?

わさお きくや商店
続きを読む
posted by Tak34 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年02月23日

ぶなの泉/2012東北温泉弾丸ツーリング(16)


ぶなの泉(しずこ)


津軽岩木スカイラインの終点は、岩木山の8合目。さらに山頂へ行こうと考えると、9合目(鳥海山)まではリフトが運行されている。

更に歩くことになるそうで、リフトのチケット売り場で「リフトを降りてどの程度歩くのですか?」と聞くと、「40分ほどです」と言われて、すぐに結論が出ました。「バイク用のライディングシューズで山歩きは嫌だ!」と言うことで下山を決意!(笑)

津軽岩木スカイライン

雲の流れは速く、天気もどんどん良くなりそう。しかも時間はまだまだタップリある。
「これからどこへ行こう?」と、話し合うが結論は出ず。悩んだときはとにかく走り出してみることが重要?

幸い下山するまでは一本道だし(笑)
登りは一気に上ってしまったので、下りはゆっくりと下りながら景色を楽しむことにしよう。そうすれば、きっと次の目的地も思いつくだろう。

津軽岩木スカイライン

続きを読む
posted by Tak34 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012