2013年03月31日

酸ヶ湯から奥入瀬へ/2012東北温泉弾丸ツーリング(25)


酸ヶ湯温泉

冷水で冷えたトマトを食べ、まったりしたところで、やはり本来の目的である酸ヶ湯温泉の総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」へ入ることにした(立ち寄り入浴は600円、7:00〜17:30までの間)。

酸ヶ湯温泉

「ヒバ千人風呂」は混浴ですが、8:00〜9:00、20:00〜21:00女性専用時間となっていて、この時点で8:45だから、我々はまだ温泉には入れない(^_^;

まあ、慌てなくてもいいからと、9:00を待ち、入浴\(^_^)/

酸ヶ湯温泉

無計画のツーリングゆえに、入浴後も具体的にどこを走るかは決まっていない。しかし、N氏は木々に囲まれたこの道(国道103号線)が気に入った模様なので、さらにこの道を進むことにする。
続きを読む
posted by Tak34 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年03月24日

木漏れ日ツーリング/2012東北温泉弾丸ツーリング(24)


木漏れ日の中へ

東北の温泉へ行くぞ!と出かけたツーリングもはや4日目、まだ青森にいるというのに明後日には自宅に着くというスケジュール。

もちろんこのまま一気に高速道を走れば当日中に関西には着くことができるが、いかに弾丸ツーリングとはいえ青森に来て八甲田周辺(十和田ゴールデンライン、十和田道)を走らないと青森に来た気がしない。

具体的に何がいいのかと聞かれても答えにくいのだけれど、青森に来ると毎回走っているこの道、ブナの木々の中、木漏れ日の中を走り抜けると、「あ〜ツーリングっていいな」となぜか思ってしまう。

だから、弾丸ツーリングとはいえ楽しく走ることも置き去りにできないので、あえてこの日は宮城県に宿泊し、八甲田〜十和田間をのんびりと走ろうと決めた。その分、翌日は淡々と帰るだけの日程になるのだけれど、それもやむを得ない。

青森駅近くのHotel&Spa青森センターホテルを出発し、国道103号線(十和田ゴールデンライン)を進むと、八甲田山が見えてくる。この辺りからどんどん楽しい道になっていく。

八甲田山

国道103号
続きを読む
posted by Tak34 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年03月23日

のっけ丼の裏技!?/2012東北温泉弾丸ツーリング(23)


のっけ丼の裏技!?


青森魚菜センターの「古川市場のっけ丼」、食事券を購入後、食材探しに歩き出すと時間が時間(16:30頃)だけに売り切れで品切れ?で思うような食食材が食べられるのかと心配したけれど、それなりに残っていました。

また、しっかり説明も聞かず(500円券もあるのに)それぞれが1,000円券を購入してしまった(二人で1,500円でも十分だと思う)ので、「1,000円券を使い切るぞ〜〜」とうろうろと歩き回りました。

そして、1件ですべてを揃えるのではなく、何件か回っておばちゃんと会話を楽しむ内に意外なメリット(裏技?)を発見。

古川市場のっけ丼

古川市場のっけ丼

続きを読む
posted by Tak34 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年03月16日

古川市場のっけ丼/2012東北温泉弾丸ツーリング(22)

古川市場のっけ丼

青森魚菜センターには予定通りの16時過ぎに到着。
青森魚菜センターの「古川市場のっけ丼」」は青森魚菜センターで、ご飯を買い、その後市場に並んでいるその日に獲れた旬の鮮魚のお刺身、珍味、その他食材などを少しずつ買って食べる丼です。

のっけ丼の営業時間が07:00〜17:00なのと、市場ゆえに魚介類が売りれていればそれでジ・エンド!
とにかく中へ入ってみると、まだ大丈夫とのことなので、一安心。この時に教えてもらったのは、営業時間内でも「ご飯」が売り切れていればそれはそれでお終いとのこと(^_^;

青森魚菜センター のっけ丼

のっけ丼は、食事券制(平成24年4月28日以降)なので1,000円を払って食券を購入。そして、オレンジ色ののれんのあるお店で『普通100円、大盛200円』でご飯を購入(食券で支払い)します。

青森魚菜センター

続きを読む
posted by Tak34 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012

2013年03月10日

竜飛崎から青森魚菜センターへ/2012東北温泉弾丸ツーリング(21)


竜飛崎灯台

竜飛崎のお約束の「階段国道」を見た後は、これまたお約束の竜飛崎灯台と青森県に来たという実感(?)を味わいに灯台へ(笑)

竜飛崎灯台

平日のツーリングは、観光客、車が少なくやはりいいです。あいにく対岸(?)の北海道は、靄でハッキリと見えませんでしたが、毎回「ここまで来たのなら北海道へも行きたいな〜」と思ってしまいます。逆に考えれば、ここまで来て関西まで帰るのも贅沢なのかも(笑)。

竜飛崎灯台

この日の宿は、青森駅近くの温泉へ併設のホテル(Hotel&Spa青森センターホテル)に入り、駅前周辺で簡単な食事を取る予定(節約で朝食のみ泊まり予定)だったけれど、可能なら青森魚菜センターの「古川市場のっけ丼」で食事もありだな。

続きを読む
posted by Tak34 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012