2010年07月03日

岩手山焼走りエリア

先般の東北行きで、岩手県での備忘録。
個人的には岩手県へ行くと、やはり岩手山を見て岩手県へ行ったと実感する?という感じです。

高速を走っていても、やはり目につくからそう思うのかも?

岩手山は、八幡平アスピーテラインから見るのが一番好きなのですが、八幡平アスピーテラインが含まれる八幡平エリアには、他の角度から見ても良いなと思える場所がいくつかあります。

岩手山

岩手山

それを探すのもツーリングの楽しみ方?

牧草地があり、その牧草地から見た岩手山も良い感じ。
そして、他のとは少し趣が異なる熔岩流と岩手山もここだけの光景なのでしょう。

岩手山

岩手山北東に約4kmに渡って広がる焼走り熔岩流は、正直言って興味のない人には単なる荒涼とした場所?

岩手山 焼走り熔岩流
続きを読む
posted by Tak34 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Album(東北)

2010年06月29日

まさに秘境! 山形県 姥湯温泉・桝形屋

先般の東北行きで、以前から行ってみたかった山形県の姥湯温泉へ行きました。
よく「秘境」と言う言葉を耳(目)にしますが、車やバイクの性能が上がった今、さほど苦労なくたどり着ける秘境が多いのも事実。

今回も、地図で見る限り近くまで車で行けるのだからと、さほど難しく考えず帰路の途中で立ち寄りました。実際に知っていたら、関西まで帰る時間を考えると、立ち寄らなかったかも(^_^;

米沢市から国道13号線で福島方面へと進み、東栗子トンネル手前を右折、県道232号線へと進み、奥羽本線板谷駅から峠駅方面へと進むと徐々に道は狭くなり、車がすれ違うのも困難になりだします。

峠駅手前を曲がると、片側はガードレールもない道をドンドン進みます。かなり急な坂道で、快適とはほど遠い山岳路で、しかもブラインドコーナーも多い。いかも、初心者ドライバーだとスイッチバックでないと切り返せないカーブもある(^_^;

姥湯温泉・桝形屋

急坂の林道を登り詰め、やっと目的の姥湯温泉が見えた時にはホッとしました。
しかし、駐車場からは、徒歩で10分程度の急な坂道が待っています(^_^;

たどり着くと、まさに秘湯と呼びたくなります。

姥湯温泉・桝形屋

続きを読む
posted by Tak34 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Album(東北)

2010年06月27日

八幡平アスピーテラインとふけの湯

先般の東北行き(2010 GW)で、2度目の訪問をした蒸ノ湯温泉・ふけの湯。
今回は、泊まろうと思っていたら、通過する予定日が満室で予約できず...

ここは、泊まってじっくり入りたかったのですが、残念。
なにが気に入っているとかというと、ここまでのアクセスを含めた全体の雰囲気でしょうか。

お世辞にも綺麗な、快適な温泉宿とはいえない(個人の感想で悪気はありません)雰囲気ですが、秘湯と呼ぶにふさわしい雰囲気が好き。建物の雰囲気も良い。そして、なんと言っても八幡平アスピーテラインを経由していく場所にあると言うのも見逃せない点。

今回訪れたのは、GWだったので雪の壁でしたが、今の時期なら下の写真のように新緑が迎えてくれます。ツーリングには、この道と温泉は行く価値有りと思います。

八幡平アスピーテライン(初夏)

下は、2010GWに撮影(幡平アスピーテライン雪の回廊
八幡平アスピーテライン(春)

写真は、今回のものなので残雪が写っていますが、残雪がなくても十分秘湯ムードいっぱいの良い雰囲気です。掛け流しも良いですしね。

蒸ノ湯温泉 ふけの湯
続きを読む
posted by Tak34 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Album(東北)

2010年06月26日

遠野でカッパを見る(捕獲する)!?

先般の東北行きで、岩手県の遠野市を通過。

遠野市といえば、『遠野物語』や『南部曲り家』、『語り部の昔話』などがありますが、時間もなく『カッパ淵』に立ち寄りました。

遠野にはカッパ淵はいくつかあるようですが、その中の土淵町の常堅寺裏を流れる小川の淵へと行きました。

遠野 カッパ淵

「カッパなんて」と言ってしまえばそれまでだけれど、この時代、夢があっても良いんじゃない。

伝承園の駐車場から徒歩5分。常堅寺裏を流れる小川の淵へと進みました。
木々に囲まれ、澄んだ水が流れる小川の淵が目的の『カッパ淵』で、多くの人が訪れていました。

遠野 カッパ淵続きを読む
posted by Tak34 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Album(東北)

2010年06月05日

蔵王温泉の共同浴場、上湯、下湯

いよいよ梅雨入りの気配が近づいてきました。
今日は、快晴!
こんな日は、バイクに乗らなくっちゃと、久しぶりにツーリング。
帰ってきたら900km走っていました(^_^;

今日のことは、後日に回し、先に昨日の蔵王温泉の共同浴場の続きを

先にも書きましたが、蔵王温泉の共同浴場は、全てが100m範囲内にあります。
川原湯へ行った翌日、残りの上湯、下湯と回りたいと思っていましたが、時間の都合(この日の内に関西まで帰らないといけない)ので、どちらか一つに的を絞ることにしました。

なお、上湯と下湯は、源泉を同じとするそうですから、上流の上湯に入ることにしましたが、下湯もチェック


蔵王温泉 共同浴場 下湯共同浴場

ペンションの朝食前の朝湯、6時から入浴できるので、一番乗りのつもりで6時に上湯に到着。
すでに先客が三名(^_^;

続きを読む
posted by Tak34 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Album(東北)