2013年06月15日

夕日の見送りの帰路/2012東北温泉弾丸ツーリング(35)


東鉢山七曲がりから帰路

東鉢山七曲がり(前ページと下写真参照)を下りだすと、路面のタイヤ痕が異常に多いことに気がつく。おそらく四輪のドリフト走行(タイヤを意図的にスリップさせ滑りながら走行すること)によるものだと思われる。

私が走ったのは、8月の後半の土曜の昼だったから無謀な運転をしている車やバイクはいなかったが、時間帯等によっては危険な道になるのかもしれないので、交通量が少ないこの道が逆に危険な道になってしまうのかも(^_^;

県道2号線(米沢猪苗代線)

桧原湖へと近づくにつれコーナーも穏やかになるが、景色は木々がじゃまをして湖畔を走っていても景色は今ひとつだった。景色を割り切るのであれば、ツーリングコースとしては、福島県側から山形県側へと走り抜けると、東鉢山七曲がりも大きな苦痛にはならないんじゃないかと思う。

県道2号線(米沢猪苗代線)(一区間国道459号?)を抜け、猪苗代磐梯高原ICへと到着。ここから関西へと一気に走るためまずは食事!?

磐梯山SAで「会津ソースカツ丼」(590円)を食べる。どうも自分の中ではこの辺り(会津周辺)では「喜多方ラーメン」というイメージが強く、「ソースカツ丼?」とも思いながら、先ほどそばを食べたんだからと深く考えず注文(^_^;

会津ソースカツ丼

磐梯山SAでの「会津ソースカツ丼」は、感激する味とまではいかないけれど590円なら納得の味だった。後で知ったことだけれど、会津で「ソースカツ丼」は『伝統会津ソースカツ丼の会』もあるほど地域に根ざした食べ物だったようだ(単に私が知らなかっただけらしい)。

お腹は満腹、後は30℃を超える猛暑の中の高速道路の単調な移動だ。
北陸自動車道は、空いていて快適だけれど単調?な移動だった。上越ジャンクションで東海地方へ帰るN氏と別れソロ走行になる。

2012東北温泉弾丸ツーリング 帰路

別れ際、沈みかけた太陽が綺麗ない夕日を予感させてくれる。初日に新潟から磐越自動車道へと進んだ際に、バックミラー越しとはいえ綺麗な夕日を見ることができ、別れ際も綺麗な夕日で解散。

あれ?、このタイミングで綺麗な夕日の予感なら北陸自動車道を走りながら海を見に沈む夕日を見られる?

海に沈む夕日を見ながらツーリングを終える!なんて、いい感じなんだけど、わかる人にしか分からない?知識なんだけれど、上越〜富山間はトンネルが多い区間。でその望みは限りなく0に近い希望だ。

2012東北温泉弾丸ツーリング 帰路

夕日に向かって走っていると、このタイミングだと北陸自動車道でも数少ない海岸のすぐ近くを走る区間(親不知ICのごく短い区間)で「海に沈む夕日」を見ることができるかもとますます淡い期待が胸をよぎる。高速道路を80km/hで移動しながら1kmほどの区間を夕日が海に沈むタイミングに合わせることは不可能!

無理に速度を上げたり、高速道路の下限速度(50km/h)を下回った走るなど非常識なこともできないし、やる気もない。そして、あえて親不知ICでわざわざ下りたりもする気がないので徹底して80km/hで移動。

すると、奇跡が起きた。そう、速度を80km/hから一切上下することなく走っていた私が、走行中に感動的な夕陽を見ることができたのです。

2012東北温泉弾丸ツーリング 帰路

この喜びは他人には伝わらないだろうけれど、狙ってできるものでもないし、一切の速度調整もしていないのに親不知IC手前のトンネル(子不知トンネル)を抜けて、再びトンネル(風波トンネル)のほんの僅かな区間で意味に沈む夕日を見ることができました\(^_^)/

2012東北温泉弾丸ツーリング 帰路

余談ですが、ヘルメットの中で「やった!!!」と大喜びしながらも止まることなく、減速することもなく80km/hで通り抜けました。

だから、バイクに設置しておいたカメラで撮った写真(方角は山勘で無理矢理向けたのでトリミングで調整)は完全なピンぼけ写真(^_^;

結局、十和田湖で夕立のような一時的な雨に出会ったもののバイクを降りて休憩の際だったので、今回も晴れ男で、しかも夕日の歓迎・送迎をうけながら無事に帰ることができました。

これ(2012 東北温泉弾丸ツーリング)を書き終えたのが、もう10ヶ月経とうとしている6月上旬(^_^;
さて、2〜3か月後には今年の夏のロングツーリングにいく時期だ。今年も休める(夏期休暇)ことを期待してがんばろう。

もちろんツーリング記を書いていないツーリング(2泊以下)も走っている訳だから、なんか一年中ツーリングのことを考えているような気がする(笑)
posted by Tak34 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69470808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック