2013年06月02日

田舎そばとかいもち/2012東北温泉弾丸ツーリング(33)


田舎そばとかいもち

田んぼの中を走っていて、小さな看板を発見し偶然訪れたそば屋。入った時間が11:10と営業時間(11:30〜15:00)の少し前だっただけに待ち時間が長かったが注文した「そばセット」(1,000円)が出てきた。

そばは、田舎そばという感じである程度予想通りだけれど、一緒に付いていた「そばがき」(メニューには、「かいもち(そばがき)」と書かれてあった)が自分の中では予想外という感じ。

そば処 滝や

帰宅後、調べて分かったのだけれど、山形県の『かいもち』の由来は「かき混ぜる」という動作から名付けられたといわれているそうで、さまざまな「たれ」をつけるて食べるそうだ。

関西人の私には、「そばがき」そのものが地元では馴染みのないものだけに、地域の食にふれるのも旅(ツーリング)の楽しみの一つだ(^^)

そば処 滝や

もう一品驚きだったのは、付け合わせの「キクラゲ」に「ねりからし」のチューブを渡されたことだ。
この食べ方も私としては馴染みないもの(ねりからしを直接付けるという行為)だけに、意外性十分(笑)。

そば処 滝や

で、肝心の「そばセット」は、1,000円で楽しませてもらえたのと、納得できるお味でした。
そばもいいけれど、今度機会があれば山形県の『かいもち』を食べ歩くのもありかなと、新たな楽しみが見つかりました(笑)。

そば処 滝や

余談ですが、お店を出て田んぼを見ると、いくつかのたんぼにそばが作付けされてありました。田んぼに植わっているのを見たのがお店を出てからなので、聞いていませんので推測ですが、そば粉も地元のものなのでしょうか。

■ DATA
 手打ちそば処 滝や
 山形県置賜郡川西町大字朴沢37
 定休日:火曜・水曜



大きな地図で見る

posted by Tak34 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Touring2012
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68730578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック